三井記念美術館「茶の湯の陶磁器 ~“景色”を愛でる~」


三井家が収集した茶道具の中で、その中心となるのは陶磁器といえます。なかでも茶碗や茶入、花入や水指などには、釉薬の変化や器の姿などに「景色」を感じ、そのインスピレーションから文学的な銘が付けられています。

器の中に自然を見出し、わび・さびの美を感じる茶道具独特の審美眼を、「景色を愛でる」という括りで取り上げます。銘が象徴する名品の「景色」を鑑賞していただきます。



2022年 9月19日(月・祝)まで。






茶の湯の陶磁器 “景色”を愛でる
.pdf
Download PDF • 9.58MB

<三井記念美術館>

〒103-0022 東京都中央区日本橋室町2丁目1−1 三井本館7階

お問い合わせ  |ハローダイヤル:050-5541-8600


HOMEPAGE|https://mitsui-museum.jp/index.html


閲覧数:11回0件のコメント