• 東京中央ネット事務局

再発見!中央区ゆかりの文人展

中央区生まれの谷崎潤一郎、長谷川時雨、長谷川かな女など日本の文壇で大きな功績を遺した文人のほか、日本橋蛎殻町にあった六興出版が発行した雑誌に執筆していた林芙美子、武者小路実篤、室生犀星などの直筆資料を展示します。

また、書簡や短冊などの筆跡、現行に残された推敲のあとから感じうる創作に対する意欲や人物について紹介します。


日時:~7月1日(日曜日)まで

・火曜日から金曜日:午前10時から午後7時

・土曜日・日曜日:午前10時から午後5時

(注記:閉館30分前には要入場)


場所:タイムドーム明石特別展示室


入場料:無料