top of page

〈十思カフェ vol.141〉困難を抱える女性の自立を地域で支える ~協働で取り組む包括的支援の仕組み~【終了】

更新日:2023年9月5日

開催日時:8月29(火)19:00〜21:00

Vol.141

困難を抱える女性の自立を地域で支える ~協働で取り組む包括的支援の仕組み~

女性に対するあらゆる暴力の被害者、就職難や収入減少による生活困窮者、家に居場所がない若年者、外国籍の方など、様々な困難を抱える女性の相談が各地で増えています。生活環境や心身の状況など、複雑化・複合化した個々の問題に公的支援だけで対応するには限界がある中、地域で孤立せず、自立を支える官民連携による支援強化が喫緊の課題となっています。

ゲストのNPO 法人くにたち夢ファームが運営するJikka(じっか)は、国立市や社会福祉協議会、企業などと連携・協働し、様々な困難を抱える女性を対象に地域とつながる居場所を提供しています。相談、避難・転宅などの生活支援、コミュニケーションのサポートなどを、各セクターの専門性を活かしながら寄り添い、地域で自立できることをめざしています。その包括的支援の仕組みや実態、成果を伺いながら、困難を抱える女性支援における課題、今後必要な対応などを深掘りします。

 

【日 時】8 29(火)19:00 ~ 21:00

【会 場】協働ステーション中央

【定 員】20名

【参加費】無料


【お申込】以下(1)〜(3)の方法で申込み

(1)申込フォーム https://bit.ly/cafa-141

(2)電 話:03-3666-4761

(3)E-mail:info@kyodo-station.jp


【詳細】


【ゲスト】

遠藤 良子さん(NPO 法人くにたち夢ファーム 理事/ Jikka 責任者)

2006 年から埼玉県で女性相談員を始める。2008 年から配偶者暴力相談支援センター相談員となる。2015 年に地元国立市で、NPO 法人くにたち夢ファームを立ち上げ、女性の居場所Jikka を作る。DV・虐待被害当事者の一時的支援ではない、切れ目のない支援、自立支援をめざして活動を継続。行政との連携協働を重視し、同時に地域での自立のための居場所を提供している。



【十思カフェとは】

月 1 回、地域課題の解決や新しい価値の創出に取り組むゲストを迎え、活動事例を通して効果的な協働のあり方を探るイベント。新たな気づきやつながりが生まれています。


※新型コロナウイルス感染の状況により内容や開催方法が変更または中止となる場合があります。予めご了承ください。

※感染予防対策のため、参加の際は事前の体調確認・手洗い・マスクの着用等ご協力をお願いします。


最新情報はこちらをチェック!

◆協働ステーション中央 Facebookページ

 

【問合せ】協働ステーション中央

〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町 5-1 十思スクエア 2F

TEL:03-3666-4761 FAX:03-3666-4762

協働ステーション中央は(特活)NPO サポートセンターが 中央区から委託を受け運営しています。

コメント


bottom of page