• 東京中央ネット事務局

fuzo特別企画 琉球紅型染 秋のカタチキ展


日程:9月6日(木)~10月8日(月・祝)


「カタチキ」とは沖縄の方言で紅型のことを指し型を付けるという意味でカタチキと呼ばれていたそうです。

伝統工芸である紅型は、沖縄の陽射しに映える色彩豊かで華やかさが特徴の染め物です。


お姉さんの崎枝由美子さんは沖縄県立芸術大学で染色を学ばれ、卒業後染織会社に勤めたのち紅型作家藤村玲子氏に師事。染色を担当されています。


妹さんの當眞裕子さんは沖縄県立那覇工業高校服飾デザイン科を卒業後に上京。東京文化服装学院に入学。それから東京のアパレル業界で活躍し沖縄へ帰省。デザイン、パターン、縫製を担当されています。


お二人で紅型の図案から縫製まで、すべての工程を手作業で行っております。

受け継がれている伝統の技を大切に、日常の暮らしに馴染む商品がとても魅力的です。



販売予定の商品は、


ストール、ミニバッグ、クラッチバッグ、ショルダーバッグ、ジャケット、扇子、半巾帯、額装、名刺入れ、ブックカバーです。


すべて数量限定販売となります。


是非この機会に琉球伝統工芸館fuzoにお越し下さいませ。



31回の閲覧