top of page

〈十思カフェ vol.152〉【参加申込受付中】商店街、企業、自治体が協働し住民の防災意識を高める 「まちなか防災訓練」の取り組み

開催日時:2024730(火)19:00〜21:00

Vol.152

首都直下地震の今後 30 年以内の発生確率は、70% と予想されています。一方関連する都民調査によれば、防災訓練に参加したことがない人は半数以上にのぼり、防災意識の向上が課題です。


今回のゲスト・株式会社 HITOTOWA は、防災・減災や子育てにおいて、都市で暮らす人がいざという時に助け合えるコミュニティづくりを行っています。2021 年からは、品川区の戸越銀座商店街で、企業、品川区、大学等と、通りを使った「まちなか防災訓練」を展開。4 回のイベントで企業や消防署、区の防災課などがブース出展したほか、商店も備蓄品の展示などに協力。延べ約 8,000 人が参加し、住民への啓発はもちろん、その地域の価値向上など長期的な成果にもつなげています。


この事例から、異なる主体の関わり方をデザインする方法、協働が成功した理由を探り、地域での実現可能性を考えます。

 

【日 時】2024年 7月30日(火)19:00 ~ 21:00

【会 場】協働ステーション中央

     ・東京メトロ日比谷線「小伝馬町」駅4番出口徒歩3分      ・江戸バス北循環「小伝馬町駅」下車徒歩4分       アクセス:https://kyodo-station.jp/access

【定 員】20名(事前申込制、定員になり次第締切)

【参加費】無料


【申込み】以下(1)〜(3)の方法で申込み

(1)申込フォーム https://bit.ly/jcafe-152

(2)電 話:03-3666-4761

(3)E-mail:info@kyodo-station.jp


【詳細】


【ゲスト】

鳥山 あゆ美 さん (株式会社 HITOTOWA シニアプランナー / 防災士)

大学卒業後、港区役所に入庁。防災課で地域の防災力の向上を目的とした防災士の育成支援、町会の活動支援等に取り組み、2017 年には全国の自治体で初めて高層住宅専用の防災カルテを作成した。2020 年からHITOTOWA に所属し、ネイバーフッドデザイン及びソーシャルフットボール事業に従事。戸越銀座商店街の防災街づくりフェアの企画運営や防災の啓発等を通じ、安心して暮らせるまちづくりをめざす。

 

【十思カフェとは】

月 1 回、地域課題の解決や新しい価値の創出に取り組むゲストを迎え、活動事例を通して効果的な協働のあり方を探るイベント。新たな気づきやつながりが生まれています。

 

【問合せ】協働ステーション中央

〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町 5-1 十思スクエア 2F

TEL:03-3666-4761 FAX:03-3666-4762

協働ステーション中央は(特活)NPO サポートセンターが 中央区から委託を受け運営しています

Comentarios


bottom of page